処理の手間がなくなる 剃り跡がなくなる むれやにおいが軽減する エチケット

脱毛といえば、処理の手間がなくなる・剃り跡がなくなる・むれやにおいがなくなる・女性の身だしなみのひとつというイメージがあります。脇・脚・腕・鼻の下・・・しょっちゅう生えてきますし、生えかけの黒いぽつぽつは目立って格好悪いので、結局毎日どこかしらを処理することになります。次に、自己処理の方法について、抜く・剃る・溶かす・脱色する、どの方法を選ぶか悩みます。毛抜き・ソイエのような処理器・自宅レーザー・かみそり・ワックス・クリーム・脱色剤。所要時間・手間・即効性・持続性・見た目・皮膚への負担…

黒いぽつぽつの処理跡が残るようでは意味がないので、結局、抜く(ピンセットか脱毛器)を選択することになります。そして、それを毎日続けると、皮膚への負担が大きく、全体的に皮膚がくすんで黒ずみ、毛穴が黒くなります。私の場合、これらのイメージを達成するために結局、永久脱毛しました。エチケットでもあるため、イメージが達成されないと満足できないものだなと感じています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ