美意識

女性にとってムダ毛は大敵である。まず早ければ小学校高学年位から眉毛の手入れに始まり中学生にもなると腕や脚の毛を処理することになる。女性は、髪の毛、まつげ、まゆげ以外の毛はどうも男性的な物とみなしてしまうのかもしれない。あらゆる脱毛の手段を使い、女性は美に対して幼い頃から努力し始める。極力、綺麗な肌を男性に見てもらいたいと願い自分が女性である事を意識し始める。そしてようやくお金を稼げるようになって脱毛サロンなどへ足繁く通うのだ。サロンで永久脱毛などする事によって面倒くさい作業から逃れ、脱毛以外の面で美に時間をかける事ができる。脱毛とは女性でありたいと願い外面上、男性的な物を排除する作業ではないか。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ