生理中の脱毛ってどの部位もダメなの?

「生理中って脱毛してもらえるの?」脱毛サロンによって、VIO脱毛(アンダーヘアとお尻周りの脱毛)以外であれば脱毛してくれるサロンと、どの部位であっても生理中は施術を断るサロンとに分けられます。理由としては、生理中は通常時と比べて皮膚が敏感になっていて痛みを感じやすくなったり、抵抗力が弱まっているために、脱毛によって肌荒れを起こしてしまうというリスクが高まるからです。また、サロンでは衛生管理の基準が決められていないことも多く、施術台やタオルなどに血液が付着して汚れてしまうと、病気などの感染リスクが高まるために、このリスクを避けたいというのも理由の一つだと言えるでしょう。このような理由から、生理中の脱毛を断らないサロンでも、基本的に生理中の施術は推奨していないのが現状です。

これに対して、クリニックはVIO脱毛以外であればほぼ対応してくれます。タンポンを使用していれば、VIO脱毛も可能なクリニックもあります。クリニックは医療機関であり、肌トラブルや体調不良が起きても、医師や看護師が居るので対応可能です。また医療機関としての厳しい衛生管理の元に置かれているため、血液が付着していまった場合もきちんとした対応ができるのです。そんな中、生理中のVIO脱毛を断るクリニックが存在するのは、皮膚疾患や感染症などを予防する観点から方針をきちんと定めているためです。

「もし生理中の脱毛は出来ないっていうサロンで、予約した当日に生理になってしまった場合はどうなるの?」生理が来る可能性が少しでもある場合は、事前に予約変更をしておくといいでしょう。なぜなら、サロンによって当日キャンセルで1回分を消費扱いにされたり、前日までに連絡をしないとキャンセル料金が発生する場合があるからです。

通っているサロンがどのようなルールになっているのかを事前に確認されておくと安心ですが、痛みや肌荒れのリスクがある生理中の脱毛は、出来れば避けて頂いた方がいいと思います。

マルバツ診断画像

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ