脱毛サロンに行く日に生理!キャンセルしなきゃダメ?

VIO脱毛のときはもちろん、生理中の脱毛は女性にとっては気になるところですよね。まず、生理中は脱毛は基本的にできません。しかし、脱毛サロンによって生理中にVIO以外であれば脱毛してくれるサロンと、VIO以外であっても生理中の施術はお断りというサロンに分けられます。 ちなみにアンダーヘアとお尻周りの脱毛(VIOライン脱毛)については、ほとんどの脱毛サロンが生理中の脱毛を許可していないようです。

ただ、両ワキ脱毛などのVIO以外の部位であれば、ミュゼプラチナムなど脱毛可能というサロンと、脱毛ラボのように生理中の脱毛は全部位についてNGというサロンがあります。 生理中の脱毛を許可していないサロンの場合には、事前に生理が来そうと分かっていればキャンセルして予約を取り直すことになりますが、当日に生理になって店舗に行った場合には、断られたうえに1回分消化扱いになったり、キャンセル料を取られたりする場合もありますので自分が通う脱毛サロンが生理中の脱毛がOKなのかNGなのかは最低限知っておきましょう。

なぜ、生理中の脱毛を脱毛サロンは断るのか。生理中の脱毛を断らないサロンでも基本的に生理中の施術は推奨はしていません。 というのも、生理中はホルモンバランスが乱れるので脱毛施術をするのに適していないからです。通常時と比べて皮膚が敏感になっていて痛みを感じやすくなったり、抵抗力が弱まっていて脱毛によって肌荒れを起こしてしまったりというリスクが高まりますので、事前にトラブルを避けるために生理時の脱毛を断るサロンがあります。実際のところ、脱毛サロンからすると、生理中に施術台に上がられると、血がついたりしたときの汚れや、病気などの感染の心配があるから、ということもあります。特に血液というのは病気を媒介させる可能性があるのでサロン側としてリスクを取りたくないと思うのは当然です。当日に生理が来てしまったという場合、施術不可ですからキャンセルするしかないのですが、キャンセル料をとるサロンもあります。

脱毛サロンごとにどう対応するのがベストかは変わってきますので、初回カウンセリング時に生理になった場合の対応方法などについては必ず確認しておきましょう。

マルバツ診断画像

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ