脱毛にはどんな種類があるの?脱毛方法とその効果

脱毛にはどんな種類があるの?脱毛方法とその効果

どれだけ剃ったり抜いたりしても生えてきてしまうムダ毛…時間も手間もかかってしまいますよね。毎日自分で処理をすると肌に負担がかかってしまい、せっかくキレイにしたはずなのに気付けば肌が傷だらけ…なんてことも。他の脱毛方法を試してみたくても、色々ありすぎてどれがいいのか分からない!そんな方のために、一体、脱毛にはどんな種類があって、どんな効果があるのか、ご紹介します。まず、脱毛のタイプには大きく分けて2種類の「自分で処理をする場合」と「プロに任せる場合」があります。「自分で処理をする場合」は、毛抜き・カミソリ・脱毛クリーム・脱毛ワックス・家庭用脱毛器など…一度は使ったことがある方も、きっと多いですよね。毛抜きは、ちょっとした部分をいつでも手軽に抜くことができる反面、毛穴を傷つけてしまったり、埋没毛になってしまうリスクがあります。

カミソリは、リーズナブルで手に入り、腕や足などの広い範囲を処理しやすい反面、肌がカミソリ負けしてしまいポツポツとした炎症になってしまうことも。脱毛クリームは、毛穴の少し奥にまで入り込み毛を溶かすので、処理後の肌がカミソリよりもツルツルとした仕上がりになります。ですが、やはり毛を溶かすほどの成分なので、肌に合わない可能性もあります。脱毛ワックスは、ワックスごと剥がすことで毛根から抜くことでき、生えてくるまでの期間が毛抜きやカミソリより長いのですが、やはり痛みもあり、肌がデリケートな方には不向きという点も。家庭用脱毛器は、サロンに通うことなく自宅で好きなときに脱毛をできるところが魅力的。ですが、自分で全て行う必要があり、複雑で手間がかかってしまうことや、脱毛後の肌のケアが足りず肌トラブルにつながってしまうことも。また、自宅でできるように出力も弱めなので、サロンに通うよりやはり時間もかかってしまいます。いずれも、手軽に好きなときに自分で処理するというメリットがありますが、短期間での使用や間違ったケアで肌を傷つけてしまうといったデメリットもあるんですね。

脱毛にはどんな種類があるの?脱毛方法とその効果

では、「プロに任せる場合」はどういったものがあるのでしょうか?プロに任せる場合は、エステサロンで受けることのできるフラッシュ脱毛、医療クリニックで受けることのできるレーザー脱毛・ニードル脱毛があります。エステサロンで行われているフラッシュ脱毛の大きな特徴は、医療クリニックで行われるレーザー脱毛よりも光が弱いため、効果は控えめですが痛みも少なく、リーズナブルなお値段で受けることができるという点です。永久脱毛というよりは減毛を目的としていて、肌に優しいので敏感肌の人でも安心です。光が弱いので何度か通う必要がありますが、脱毛の効果はしっかりと実感できるようです。広範囲で行うことができますが、黒い色素に反応するため、色素の薄い毛や日焼け後の肌では脱毛ができないことも。医療機関でのみ行われているレーザー脱毛の大きな特徴は、フラッシュ脱毛よりも強力なため、短期間で高い効果が得られますが、医療資格者が施術を行うため料金は少々高めという点です。痛みを伴うこともありますが、医療機関で行われるため、万が一の肌トラブルにも対応してくれるので、信用のできるクリニックを探すことが大切です。

フラッシュ脱毛と同じく、広範囲で行うことができ、黒っぽい色素に反応するため色素の薄い毛や日焼け後の肌では脱毛ができないこともあるようです。同じく医療機関でのみ行われているニードル脱毛の大きな特徴は、完全脱毛に近い確実性のある脱毛方法であること、フラッシュ・レーザー脱毛ではできない部位や色素沈着している部位でも脱毛できるという点です。その反面、1本ずつ専用の針を使い直接毛根に電気を流すので、痛みも強く、時間がかかるという点も。そのため料金も高額ですが、部分的な脱毛には特に確実な効果を得ることができます。こちらも、信用のできるクリニックを探すことが大切ですね。敏感肌だからなるべく肌に優しくゆっくり進めていきたい…という人はフラッシュ脱毛、少しくらい痛くても素早く高い効果がほしい!という人はレーザー脱毛、フラッシュ脱毛でもレーザー脱毛でも取りきれなかった部位や、色素の濃い部位はニードル脱毛、今はまだサロンやクリニックはいいかな?という人は、数ある自己処理の方法の中から正しい方法で…といったように、自分の肌や状況に合う脱毛方法が見つけていけたら安心ですね。

マルバツ診断画像

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ