よく耳にする永久脱毛…その効果とは?

よく耳にする永久脱毛…その効果とは?

永久脱毛という言葉を聞いたことはあるけれど、それが実際どんなものなのかはイマイチ分からない…そんな方もきっと多いのではないでしょうか。よく耳にするけれど、永久脱毛でまた毛が生えてきた!なんて話も聞くし、結局のところ永久脱毛って何か分からず、なかなか一歩踏み出すことができないまま…なんてこともありますよね。それでは、永久脱毛って、一体どんなものを指すのでしょうか。「永久脱毛」という言葉は、医療機関でのみ使うことができます。それはなぜかというと、脱毛効果が高い「レーザー脱毛」や「ニードル脱毛」という施術は、医療機関でのみ行うことが認められているからなんです。脱毛サロンやエステサロンで行われている「フラッシュ脱毛」というのは、レーザー脱毛よりも光が弱く、どちらかといえば「減毛」を目的としているんですね。

そして永久脱毛というのは、アメリカの電気脱毛協会が定めた”脱毛が終了して一ヶ月後の時点での毛の再生率が20%以下である場合”を指しています。つまり、永久脱毛を受ければもう永久的に身体中の毛が生えてこない!というわけではないんです。だから、永久脱毛したはずなのにしばらくしたらまた毛が生えてきた!ということが起こってしまうんですね。ただし、ニードル脱毛に関しては、針で直接毛根を破壊するため、真の完全脱毛と言っていいほどの効果があるとされています。じゃあ、結局サロンでもクリニックでも脱毛ってあんまり効果がないの?せっかく受けても、すぐにまた毛が生えてしまうの?そう感じてしまう方もいらっしゃると思いますが、そこは大丈夫。また生えてくる可能性というのはたしかにありますが、それでも施術を受ける前より、脱毛効果を充分に感じられたという声も多いんです。さらに、サロンのフラッシュ脱毛であっても、脱毛や減毛を充分実感できたという声も。

よく耳にする永久脱毛…その効果とは?

繰り返し施術を受けることで、たしかに少しずつ毛がなくなっているわけなんですね。サロンでも、クリニックでも脱毛効果が高いことは分かったけれど…それでも生えてきてしまうのはなぜなのでしょう?せっかく脱毛を受けるなら、なるべくキレイな肌になれるように…自分でも気を付けておける点があるなら知っておきたいですよね。サロンで受けた場合ですが、出力が低いという可能性も。医療機関でのレーザー脱毛と違って、サロンでのフラッシュ脱毛は光が控えめです。そして肌への負担や痛みを軽減するために、あえて出力を低めにしていることも。出力が低いと、やはり効果も薄くなってしまいます。機械の出力を下げる必要のないように、肌の調子がいいときに受けることができれば、一度の脱毛効果も大きくなります。また、下げることができるということは、上げることもできるということ。脱毛効果をあまり感じられない場合は、一度相談をしてみましょう。肌の調子や部位にもよりますが、出力を上げてもらえることもあります。次に、打ち漏らしということもあります。毛周期が合っていなかったり、色素の薄い産毛など…光が上手く毛に当たらなかった場合、脱毛効果が薄くなってしまうことがあるんですね。

産毛の色素は自分ではどうしようもありませんが、毛周期のサイクルや調子を把握しながら通うことで、しっかりと脱毛できるようになります。また、サロンやクリニック側のミスで、光が当たらない部分があった…ということもあるようです。その場合は、お店にもよりますが、申し出ることで措置をとってくれる場所もあるので、打ち漏らしかな?と感じたときには一度相談してみましょう。最後に、ホルモンの影響も深く関係しています。色素が薄いことで脱毛しきれなかった産毛が、ホルモンバランスの乱れで濃い毛になってしまう…ということもあるんです。摩擦を受けることの多い部分は、特に産毛が濃くなりやすい傾向も。どうしてもフラッシュ脱毛やレーザー脱毛では脱毛しきれない部分は、ニードル脱毛を活用するというのもひとつの手です。もしもそれらを気を付けても、毛が生えてきてしまったら?脱毛完了後、もし生えてきてしまってもアフターフォローの再施術をしてくれるサロンもあるので、アフターフォローのサービスが充実していて、気軽に利用ができる店舗を見つけることも大切です。必ずしも永久的に毛が生えてこなくなる…というわけではありませんが、それでも高い効果があるのも事実。さまざまな脱毛方法やアフターフォローなどをうまく利用して、キレイな肌を手に入れてみてくださいね。

マルバツ診断画像

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ