なぜ起こる?脱毛でよくなる?足の黒いポツポツ

なぜ起こる?脱毛でよくなる?足の黒いポツポツ

足の黒いポツポツに悩んでいる方はいらっしゃいませんか?せっかくムダ毛をキレイしても、次の日には足に黒いポツポツが…そういうことって本当によくありますよね…。足の黒いポツポツって、一体どうして起こってしまうのでしょうか?実は、その原因のほとんどが「ムダ毛の自己処理」にあるんです。ムダ毛処理として多く使用されるのが「カミソリ」や「毛抜き」…ですが、カミソリで剃るというのは、皮膚の表面の毛をカットしているだけなので、毛穴の中には毛が残ってしまっています。その残った毛たちが、黒くポツポツとした見た目を作ってしまうことが…。また、毛抜きを使用することで毛穴が傷つき炎症起こしたり、そこがカサブタになると毛穴をふさいでしまいます。

そうなってしまうと、行き場をなくした毛は皮膚の中でクルクルと伸び、その埋没毛が増えることで、黒いポツポツとした見た目になってしまうんですね。そして、自己処理で繰り返し毛穴に刺激を与えることでメラニンが発生し、色素沈着となってしまうこともあるんです。でも、黒いポツポツだけじゃなく赤いポツポツもある…という方もいますよね。赤いポツポツは、ほとんどがカミソリ負けや毛抜きでの毛穴の炎症であることが多いんです。カミソリは毛と一緒に皮膚の表面まで一緒に剃ってしまうので、目に見えなくても実は細かな傷がついてしまっています。そのため、毛穴を中心に炎症が起こり、赤いポツポツになってしまうんですね。毛抜きの場合も、毛穴を傷つけてしまうことで、雑菌が入り炎症を起こしてしまうことがあります。どちらも、カミソリの場合はシェービングクリームを使用したり、毛抜きの場合は温かなタオルで毛穴を柔らかくし開いてからにするなどで、大幅に改善することができます。また、器具を清潔に保つことも大切です。

なぜ起こる?脱毛でよくなる?足の黒いポツポツ

使用するカミソリのシェーバーの刃が欠けていたり、雑菌がついていることでカミソリ負けが引き起こされてしまうことも多いので、使用後はキレイに洗い、浴室ではなく風通しのよい場所で保管すること。そして刃をこまめに取り換えることを心がければ、肌への負担もグッと減らすことができますよ。そして足は特に乾燥しやすく、炎症も起こりやすい部位…炎症を防ぐために、足の保湿も重要です。剃った後はなおさら乾燥しやすいので、処理後はしっかりとボディクリームなどで保湿をしましょうね。それでもどうしてもポツポツが起こってしまったり、なかなか治らない…という方もいらっしゃいますよね。黒いポツポツが気になる方は、角質ケアで皮膚を柔らかくし、肌のターンオーバーを促してみましょう。角質ケアには、スクラブ・ゴマージュという摩擦タイプの方法、それからピーリングという方法があります。まずは低刺激なものを選び、少しずつ古い角質を取り除き、しっかりと保湿をすることで黒いポツポツも目立たなくなっていきます。

赤いポツポツは、皮膚の炎症を悪化させないことが大切です。かゆみなどがある場合は流水や冷たいタオルで冷やし、炎症止めの軟膏などをつけましょう。ひっかいたりすると肌を余計に傷つけてしまうので、刺激を与えることはしないようにしてくださいね。清潔にして、刺激に気を付ければ自然とおさまることも多いのですが、数日経ってもおさまらない場合は病院へ行きましょう。足のポツポツといい加減サヨナラしたい!もう悩みたくない!そんな方にオススメなのが、やはりプロにお任せする脱毛です。黒いポツポツや赤いポツポツは誤った自己処理や、自己処理の繰り返しによる肌への負担で起こるもの…脱毛をすることで毛そのものがなくなれば、自己処理を頻繁にする必要もなくなります。根本的な原因をなくすことができれば、足へのダメージもなくなり、気になっていたポツポツの改善につながります。ただし、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛というのは黒い色に反応するため、色素沈着や黒いポツポツになってしまっているときは施術を断られてしまうことも…もしも脱毛を考えている方は、早い段階でケアをして、ポツポツ知らずのキレイな足を手に入れてみてくださいね。

マルバツ診断画像

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ