相談しにくいデリケートゾーンのかゆみ…アンダーヘアーの脱毛効果

相談しにくいデリケートゾーンのかゆみ…アンダーヘアーの脱毛効果

清潔にしていても、起こってしまいがちなデリケートゾーンのかゆみ…なかなか人には言えない悩み、すぐにでも解決したいですよね。デリケートゾーンのかゆみは、なぜ起こってしまうのでしょうか。デリケートゾーンの肌は、その名の通りとてもデリケート。本当にちょっとしたことで、簡単にかゆみや痛みを感じてしまうんですね…。そんなかゆみの代表的な原因の一つが、「蒸れ」です。きついジーパンや生理中など、通気性が悪い状況が続くと、あっという間にムズムズとかゆくなってしまいますよね。熱と湿気がこもり、雑菌も繁殖してしまい…衛生的にもよくありません。そしてもう一つが「自己処理」にあります。蒸れを改善するため、見栄えをよくするため…カミソリや毛抜きなどで処理をすると、一時的にはスッキリもするのですが、これらの処理方法は肌への負担が大きいので、デリケートゾーンではあっという間に傷や炎症へとつながってしまうことが多いんです。

その傷や炎症がムズムズと…かゆみになってしまうんですね。また、カミソリで剃ることで毛の先がとがり、とがった毛の先がチクチクと肌に触れて、チクチクかゆくて我慢できない!といったことにもなってしまうんです。通気性が悪いから自己処理したいのに、それでもダメならどうしたらいいの?と思ってしまう方もいますよね。もし自己処理をする場合は、ヒートカッターを使うことで改善する場合ができます。ヒートカッターの熱で毛先のとがりをなくすことができるため、肌にチクチクと刺さってしまうことを減らすことができるんです。また、アンダーヘア用のトリートメントを使うことで、毛を柔らかくすることも効果的。そして、処理をした後はデリケートゾーンでも使用できるクリームなどでしっかりと肌の保湿をすること。

相談しにくいデリケートゾーンのかゆみ…アンダーヘアーの脱毛効果

これらを気を付けるだけでもだいぶ変わりますが、それでもどうしてもかゆみが起きてしまうというときには、デリケートゾーン用の軟膏を用意しておきましょう。通気性をよくしてかゆみを抑えたくても、自己処理での肌への負担や、とがってしまう毛先などで、かゆみが改善しない場合というのはもありますよね。そんなときには、デリケートゾーンの脱毛もオススメです。自己処理を減らすことができるので、肌への負担もなくなるということ…通気性がよくなり、かぶれや雑菌の繁殖を防げるということ…デリケートゾーンにとっては嬉しいメリットですよね。ただし、脱毛の施術後にかゆみが起こることもあります。デリケートな部位の脱毛なので、脱毛器の刺激で一時的にかゆみや違和感を感じてしまうことがあるんですね。

脱毛をしたことでショーツなどに肌がこすれて、かゆみとして感じてしまう場合や、脱毛後再び毛が生えてくるときにチクチクと感じてしまう場合も。いずれも、冷やすこと、清潔にすること、保湿すること、通気性がよく刺激が少ないショーツや衣服を選ぶこと…などで改善できますが、しばらくは激しい運動などの体温が上がったり汗をかくような行為はなるべく控えたほうがよさそうです。それでも気になってしまう場合は、サロンやクリニックに相談してみることで、薬を処方してもらうこともできます。ずっとかゆみが続くの…?と最初は不安になってしまうかもしれませんが、どれも一時的なもので、回数を重ねていけば次第に気にならなくなってきます。それまでは少しつらいかもしれませんが、蒸れや自己処理でのかゆみのためにも、さまざまな工夫をして乗り切ってみてくださいね。

マルバツ診断画像

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ