日焼けした肌の脱毛って効果があるの?

日焼けした肌の脱毛って効果があるの?-1
暖かくなり始めて、露出が増えるとムダ毛が気になり処理にも手がかかります。その時期になると、「脱毛したい!」と感じる女性が多いのではないでしょうか?夏に脱毛を始める時に、少し気をつけてもらいたいことが「日焼け」です。まず、脱毛には黒い色素に反応する特殊な光、レーザーを使用します。毛の黒い色に反応することで、肌を傷つけずに毛根部へダメージを与えることで脱毛していくという仕組みです。しかし、夏場に日焼けをしてしまうと見た目では分からないですが、メラニン色素という身体を紫外線から守る物質が生成されます。このメラニン色素が脱毛に使われる光やレーザーに反応することで肌が炎症を起こしてしまう可能性が高くなります。そのため、脱毛を始める時には必ずと行っていいほど「日焼けしないで下さい」という注意があります。日焼けの後に肌が赤く炎症を起こしている場合などは施術を断られてしまいます。肌を守るためにはとても大切なことなので、「このくらい大丈夫」などと思わずにサロンの方の注意に従いましょう。
日焼けした肌の脱毛って効果があるの?-2
また、日焼け直後は肌そのものが弱っています。そこに、毛根部にダメージを与えられるくらいのパワーがある光やレーザーを照射すると、いつも異常に肌がダメージを受けることは十分に考えられます。せっかく脱毛をするので、素肌も綺麗なままツルツルのお肌を目指しましょうね。脱毛の期間は1ヶ月から2ヶ月に1度のペースが多いので、せっかく予約していたのに日焼けしているので今日は施術できません。なんてことになったら辛いですよね。脱毛の予定が決まっている場合は特に日焼けに気をつけて下さい。また、意外に知られていないのが脱毛をした後も日焼けは厳禁です!なぜなら、光やレーザーで照射することによって少なからずお肌がダメージを受けている状態で、日焼けしてしまうと肌がダメージを受けやすく、シミの原因になってしまうかもしれないからです。なんと言っても、お肌は綺麗が一番です!普段から日焼けには十分注意して脱毛後の綺麗な素肌を目指して下さいね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ