施術前のジェル不要だと痛くない?

施術前のジェル不要だと痛くない?-1
一度でも脱毛を体験したことの有る人なら、施術前にジェルを塗ることをご存知のはず。「でもこれって、本当に必要なの?」「冷たいし、拭きとった後も気になる」とか「このジェルなくても実は痛くないのでは?」と感じたことがある人もいらっしゃるのではないでしょうか。それに、物理的にもジェルを使っているサロンでは、施術前にジェルの塗布と、施術後にジェルの拭き取りという作業がありますので時間もかかります。何より、ワキなんかは普段刺激がないので、少し恥ずかしいのとヒンヤリしたジェルにびっくりします。しかし、すべての脱毛サロンがジェルを使っているわけではありません。ジェルの塗布はしているサロンと、していないサロンがあるようです。まず、なぜジェルを塗っているのでしょうか?それは、レーザーや光の照射で肌が炎症を起こしてしまうのを防止するためです。塗った時に少し冷やっとしており、冷却効果も有るようです。最近では、このジェルにヒアルロン酸などの美容成分を含んでおり、脱毛と一緒に美肌にもなれるというサロンもあります。
施術前のジェル不要だと痛くない?-2
初めての脱毛サロンがジェルを塗ってから施術していると、ジェルなしでは痛いのでは?と思ってしまいますが、ジェルなしでも痛みのほとんど感じない機械を使っているサロンもあるようです。ジェルを塗っている分、光やレーザーの照射パワーが届きにくいなどの理由があるようです。中には、ジェルの代わりにアイスノンのようなもので脱毛部位を冷やしてから施術に入るサロンもあるみたいですよ。ジェルは少し苦手だけど、痛いのは嫌だ!という方であれば、本当に痛くないのか事前に体験させてもらうことをおすすめします。「痛くない」や「肌にやさしい」などの広告をしている脱毛サロンの場合、体験脱毛をさせてくれることが多いです。きっと、本当に自信があるからなのでしょう!しっかり自分で体験をしてから、脱毛サロンを決めると安心ですよね。ジェルの塗布にも理由がありますし、ジェルの塗布なしでの脱毛にも理由がありますので、その部分がきになるのであれば、事前のカウンセリングや契約前にサロンの方に聞いてみましょう!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ